大徳トピックス

TOPICS大徳トピックス

注目されている「サステナブル」住宅とは何?これからの家づくりを考えよう

雑誌・テレビでも注目を集めネットやSNSでも話題となっている「サステナブル」

今回サステナブルな住宅について簡単に説明していきます。

サステナブルとは

近年地球が抱える環境問題を解決する為、地球環境に配慮しながら
住む人も末永く、快適に暮らしていけるという言葉です。

直訳した言葉の意味としては、
持続可能な という意味なんです。

今回住宅に置き換えてサステナブルについてお話します。

 

具体的には??

①耐久性のある構造
②高気密高断熱仕様
③安心安全で長持ちする
④自然素材の利用
⑤自然エネルギーの設備

などが挙げられます。

①耐久性のある構造

耐久性のある構造とは、頑丈な家。
耐震等級3、耐震等級3相当、長期優良住宅
というようにこの先の自然災害が起きた時壊れない家である事が重要です。

②高気密高断熱仕様

近年の住宅は、気密性がとても上がっています。
そんな中でも断熱性能が重要になってきます。

弊社が考える断熱材は、吹付断熱を採用し
何年経っても・何十年経っても劣化しない。新築時と変わらない断熱材を使用します。

こちらの断熱を使用することで年約5万円の光熱費削減できるので
お財布にも、環境にも優しいです(^_^)

③安心安全で長持ちする

簡単に言えば車などと同じで家もメンテナンスが必要です。
そのメンテナンス費用が掛かりにくい・メンテナンス時期が遅いほど
住まわれる方のお財布事情も助かります。

どうしたらいいのか?については
初期費用はかかりますが、傷みにくい外壁や屋根材を使用する。
その他メンテが掛かりにくい間取りにしていくことが重要ですが、
弊社は115年の経験と知識で、この分野とても得意なので、自社秘密です(^-^;

④自然素材の利用

その名の通り、自然な木を使った床材や天井材などを使う事です。

こちらは一軒全体を自然素材にしようと思うと大変なので、
主要な部屋を使用するなど工夫するといいですよね☆

⑤自然エネルギーの設備

自然エネルギーの設置とは、太陽光等の自然エネルギーを生かしたゼロエネルギー住宅などがあげられます。

太陽光については、住宅ではデメリットも多いためあまりおススメ出来ないのが本音です。

太陽光パネルからは電磁波も出ており人間の身体にとても悪いです。
更に、太陽光パネルがあることで太陽からの日刺しで熱温度が上昇し夏場の周辺の熱温度の上昇・気温上昇・地球環境に悪影響を及ぼしていることも理解して欲しいです。

 

家づくりでやってよかった「サステナブル」とは

実際上記を考慮した家づくりを考えたいけど
予算は膨らむばかりですよね!

初期投資は掛かるけれど、10年後、20年後、やってよかったと思う「サティスナブル」な家づくりは
上記①~④はお客様が満足できる初期投資だと思います。※④は予算によって異なります

 

最後に

そんな「サステナブル」な住宅を、創業明治39年の大徳建設株式会社では
注目される前からご提案しております。

これからの家づくり、考えるなら「サステナブル」も考えてみて下さい。

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

創業明治39年  健康を考えた家づくり
大徳建設株式会社
三重県松阪市大宮田町265

→→公式HPはコチラ←←

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

CONTENTSコンテンツ

おかげさまをもちまして、創業明治39年。
弊社は一般住宅からはじまり、郵便局舎、公共施設、文化庁、商業施設、福祉・医療施設の新築、
増改築、解体、敷地の造成、耐震補強の提案、下水道工事を地域に根付き、
設計・施工させていただいております。

工事期間中はもとより、アフターサービス、メンテナンス、将来的なご提案も行える専属スタッフも揃っております。
高度で信頼のおける豊かな施工を行い、より良い顧客満足に精一杯精進して参りますので、
お見積もり・ご検討の際には是非とも、ご用命賜りますようお願い申し上げます。